​加山 又造

売却・査定・お見積り

ご検討の方は、お売りになる前に顧客満足度が高く「査定・買取」で実績のあるアートプラスにお問い合わせください。

伝統的な手法に加え、様々な手法を取り入れながら独自の日本画を作り上げた加山又造。国際的に評価されており、どの作品も高額で取引される傾向にあります。

加山 又造(Kayama Matazo)

加山又造『鍬がた』

加山 又造

(かやま またぞう)略歴

<1927年>

 京都に生まれる。

<1949年>

 東京美術学校(現東京芸術大学美術学部日本画科)卒業、山本丘人に師事する。

<1950年>

 第2回創造美術春季展で研究会賞受賞

<1951年>

 第15回新制作展で新作家賞受賞(第17~第19回展でも受賞)

<1966年>

 多摩美術大学日本画科教授に就任(~48、52~63年)

<1973年>

 第5回日本芸術大賞受賞

<1978年>

 東京国立近代美術館の依頼より、紙本壁画『雪・月・花』を完成

<1980年>

 第30回芸術選奨文部大臣賞受賞

<1982年>

 第1回美術文化振興協会賞受賞

<1984年>

 身延山久遠寺本堂の天井画『墨龍』と水鳴楼の襖絵16面を完成

<1988年>

 東京芸術大学美術学部日本画科教授に就任

<1990年>

 世界ポップアーティストの手による「BMWアート・カー」シリーズに『雪』を制作 北京の中央美術学院から名誉教授の称号を贈られる。

<1992年>

 日本中国文化交流協会常任理事に就任 新東京国際航空第2旅客ターミナルビル出発ロビーに陶板壁画『日月四季』を完成

<1993年>

 中国の北京、上海にて「日本 加山又造美術作品精選展」開催

<1995年>

 東京芸術大学教授を退官、名誉教授となる。日本橋・壺中居にて「今泉今右衛門・加山又造合作陶芸展」開催

<1997年>

 天龍寺(京都市)法堂の天井画『雲龍』が完成 文化功労者として顕彰される。

<1998年>

 東京国立近代美術館にて「やまと絵の心 加山又造展」開催

<1999年>

 井上靖文化賞受賞

<2003年>

 文化勲章受章

<2004年>

 4月6日 死去(享年76歳)