​棟方志功

売却・査定・お見積り

ご検討の方は、お売りになる前に顧客満足度が高く「査定・買取」で実績のあるアートプラスにお問い合わせください。

日本の板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人である棟方志功。木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。どの作品も高額で取引される傾向にあります。

棟方 志功(Munakata Shiko)

棟方 志功

(むなかた しこう)略歴

<1903年>

 青森市に生まれる。

<1928年>

 第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版画が入選、又第9回帝展に油絵初入選。この頃から版画へと興味を移し、本格的な木版画制作を始めた。

<1931年>

 油絵と版画による最初の個展を開催

<1932年>

 日本版画協会会員となる.。

<1936年>

 柳宗悦、河井寛次郎らと民芸運動の人々と知り合う。 これは以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼす。

<1937年>

 国画会同人となる。

<1938年>

 第2回新文展で特選

<1941年>

 第5回佐分賞受賞

<1952年>

 第2回ルガノ〈白と黒〉国際展で受賞、日本版画協会を脱会し、日本版院を結成

<1955年>

 第3回サンパウロ・ビエンナーレで受賞

<1956年>

 第28回ヴェネチィア・ビエンネーレで国際版画大賞受賞

<1960年>

 アメリカ各地で個展を開催

<1970年>

文化勲章受賞

<1975年>

 死去

 ゴッホをめざして独学で油絵を学ぶ。その後版画と出会い、自ら「板画(はんが)」と命名し、木版による独自の表現をつくり上げた。
1955(昭和30)年以降、サンパウロやヴェネツィア・ビエンナーレなど数々の国際舞台で版画賞を受賞し、「世界のムナカタ」として活躍した。

◆棟方志功が板画について残した言葉◆
「愛シテモ、アイシキレナイ。驚イテモ、オドロキキレナイ。歓ンデモ、ヨロコビキレナイ。悲シンデモ、カナシミキレナイ。ソレガ板画デス。」

Address

〒104-0061

東京都中央区銀座5-14-16

銀座アビタシオン 2F

​営業時間

Mon - Sat  :   11am - 5pm

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸