​荻須 高徳

売却・査定・お見積り

ご検討の方は、お売りになる前に顧客満足度が高く「査定・買取」で実績のあるアートプラスにお問い合わせください。

半世紀以上フランスに滞在し、パリの古い街並みを描き続け、フランスで最もよく知られた日本人画家の荻須高徳。どの作品も高額で取引される傾向にあります。

荻須 高徳(Ogisu Takanori)

荻須 高徳

(おぎす たかのり)略歴

<1901年>

 11月30日 愛知県中島郡井長谷村大字井堀149番戸(現在の稲沢市井堀高見町)に生まれる。

<1908年>

 千代田尋常高等小学校に入学

<1916年>

 愛知県立第三中学校(現在の津島高等学校)に入学

<1921年>

 卒業後、上京し川端画学校に学び、藤島武二の指導を受ける。

<1922年>

 東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科に入学

<1927年>

 東京美術学校卒業。9月フランス留学の途につく。

<1928年>

 このころから署名をOGUISSとする。サロン・ドートンヌに初入選

<1939年>

 第2次世界大戦勃発。翌年13年ぶりに帰国

<1944年>

 横江美代子と結婚

<1945年>

 終戦

<1946年>

 長女恵美子生れる。

<1948年>

 戦後初めて日本人画家として、フランス滞在を許され8年ぶりにパリに入る。

<1956年>

 フランス政府から、レジオン・ドヌール勲章を授与される。

<1972年>

 勲三等旭日章に叙され、中日文化賞受賞

<1974年>

 パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される。

<1981年>

 文化功労者に顕賞され10年ぶりに帰国。稲沢市を訪問

<1982年>

 フランス国立造幣局が、荻須高徳の肖像を浮彫にしたメダイユを発行する。

<1986年>

 10月14日、パリのアトリエで制作中に死去する。文化勲章を受章する。 

Address

〒104-0061

東京都中央区銀座5-14-16

銀座アビタシオン 2F

​営業時間

Mon - Sat  :   11am - 5pm

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸