片岡 球子

売却・査定・お見積り

ご検討の方は、お売りになる前に顧客満足度が高く「査定・買取」で実績のあるアートプラスにお問い合わせください。

昭和から平成にかけ活躍した女流日本画家である片岡球子。「面構(つらがまえ)」「富士山」シリーズでは特に高い評価を受ける。どの作品も高額で取引される傾向にあります。

片岡 球子(Kataoka Tamako)

日本画家。札幌の醸造・木材商の家に生まれる。 1926年女子美術専門学校を卒業。両親に勘当されながらも画家を志し,横浜市の小学校教諭として勤めながら画作に励んだ。 1930年『枇杷』で院展に初入選,その後も 1946年『夏』で日本美術院賞を受賞するなど,院展ではたびたび入賞するが,帝展では一度も入賞できず「落選の神様」と呼ばれた。それでも安田靫彦に師事し,小林古径に励まされながら研鑽を積んだ。 30年間勤めた教職を辞した 50歳以降,才能が一気に開花。 1954年『歌舞伎南蛮寺門前所見』で伝統芸能の世界に目ざめたが,それは 60歳代から始めた「面構 (つらがまえ) 」シリーズにつながっていった。武将や浮世絵師,戯作者などを描いた一連の作品は力強く個性的で,迫力に満ちている。 1955年女子美術大学講師,のちに助教授,教授となり,1966年愛知県立芸術大学教授。 1967年サンパウロ・ビエンナーレ展に日本代表として出品。 1982年日本芸術院会員。 1986年文化功労者。 1989年文化勲章を受章。

片岡 球子

(かたおか たまこ)略歴

<1905年>

 1月5日 北海道札幌市に生まれる。

<1923年>

 札幌高等女学校師範科卒業。日本画家を志す。

<1926年>

 女子美術専門学校(現・女子美術大学)日本画科高等科卒業。 横浜市立大岡尋常小学校教論になる。

<1930年>

 第17回院展に「枇杷」初入選。

<1939年>

  第26回院展に入選。日本美術院 院友に推挙される。
<1946年>

 安田靫彦に入門。 第31回院展で「夏」が日本美術院賞 受賞 以後、同展で、同賞、白寿賞、大観賞 受賞

<1952年>

 日本美術院同人に推挙される。

<1955年>

 大岡小学校を退職。女子美術大学講師になる。その後、助教授をへて教授となる。

<1961年>

  第11回芸術選奨文部大臣賞を受賞する。日本美術院評議員となる。

<1966年>

 愛知県立芸術大学が開校し、日本画科の主任教授に迎えられる。 第51回院展「面構 足利尊氏、義満、義政」出品、「面構」シリーズを始める。

<1975年>

  第23回日本芸術院恩賜賞 受賞

<1976年>

 勲三等瑞宝章 受章

<1978年>

 神奈川県文化賞 受賞

<1981年>

 日本美術院理事

<1982年>

 日本芸術院会員

<1986年>

 文化功労者に叙せられる。

<1989年>

 文化勲章を受章
<1992年>

 画業70年片岡球子展 開催  「片岡球子画集」が求龍堂より刊行
<1996年>

 「片岡球子展<画業75年>」開催
<2000年>

 「片岡球子展<熱き挑戦>」開催
<2004年>

 「白寿記念、片岡球子展<極める-人間と山>」開催

<2008年>

 1月逝去
<2009年>

 「追悼 片岡球子展」(札幌芸術の森美術館、高島屋東京店・大阪店、松坂屋美術館など全国巡回)
<2010年>

 「片岡球子展」(札幌芸術の森美術館、道立旭川美術館)

<2013年>

 「片岡球子 創造の秘密」(神奈川県立近代美術館)
<2014年>

 名古屋御園座の緞帳、画「富士に献花」が日本体育大学世田谷キャンパスに寄贈される。