ボストン美術館

外出自粛要請により不要不急の外出を控え、書籍の整理をしていると懐かしい図録が。

2012年に東京国立博物館にて開催された「ボストン美術館 日本美術の至宝」

アメリカにありながら、東洋美術の殿堂と称され、フェノロサ、岡倉天心から始まった日本美術の収集は、

10万点以上になると言われています。

今、日本にあれば確実に国宝であろうものがたくさん、、、

その中でも当時、心を奪われたのは、

「龍虎図屏風」長谷川等伯筆

その構図、龍虎の表情、どこを観ても声が出てしまう程でした。


そんな龍虎図は今も昔も描き続けられています。


その中の一人。Seizan Galleryのオープニング企画にも出品した「塩崎顕」

彼もまた、偉大な画家たちに影響され、その背中を追い続けています。

「龍虎相睨図」

温故知新。伝統的な雰囲気を醸しながらも、現代作家ならではの色彩。

とても迫力のある作品でした。未来の国宝になるかも、、、

Seizan Galleryでは、塩崎顕先生の作品も多数ご紹介していますので、

ぜひこちらもご覧下さい。未来の国宝が手に入るかも。。。



Address

〒104-0061

東京都中央区銀座5-14-16

銀座アビタシオン 2F

​営業時間

Mon - Sat  :   11am - 5pm

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸